「まち全体で赤ちゃんの
誕生をお祝いし、

子育てを応援できる
社会になること」

目指しているプロジェクトです。

横浜市戸塚区において2016年4月に、
赤ちゃんと家族をお祝いする気持ちを
こめて、
地域と企業から「出産祝い」を
お送りすることからスタートしました。

私たちの願い

2014年、こまちぷらす始め複数の子育て当事者グループや個人が連携して横浜市内で子育てについてのアンケートを実施し1562件の意見を回収したときに、「地域でこどもを生み育てやすい社会のあたたかい目」が欲しいという意見が非常に多くあったことがきっかけでした。それをなんとかしたい!と当時その思いを共有していたヤマト運輸株式会社神奈川主管支店の担当者と1年かけてこのプロジェクト立ち上げ準備をし、2016年から協働でスタートしました。

そうした風土、空気のようなものをつくるためには、街中の人たちがいつの間にか「関わっていた!」状態をつくっていくこと、また、街中の温かい気持ちお祝いの気持ちが産後の家庭に確実に届くことが大事だろうと思いました。そこで、『出産祝い』をみんなでつくって届けることにしました。

つくる過程では、商店のひと、企業のひと、地域に住む子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、いろんな人がそれぞれのできる形で関わります。何が喜ばれるだろうね、何が困っているかな、出産祝い以外にもできることないかな?そんないろんな人が考えたり、話したり、想いが重なっていくと、時間はかかりますがちょっとずつ街の雰囲気があたたかくなっていきます。

子どもの誕生を街のみんなで祝福してみんなで育む、あたたかい街が全国にひろがっていきますように。

ストーリー 

誰とも会わない毎日で、社会には自分と家族しかいないような感覚にすらなっていたけど…
出産を祝ってくれる人がいる!
私たちのためにこれをつくってきてくれている人たちがこの街にはいるんだ!と思うと、
一人じゃない!という実感と力がわいてきました。

実施地域

  • 神奈川県横浜市戸塚区
  • 神奈川県横浜市鶴見区
  • 千葉県松戸市

実績

2016年に神奈川県横浜市戸塚区で始まり現在では戸塚区内年間生まれる赤ちゃんの4人に1人にお届けできるようになりました(申し込み希望制)。また、2020年にはプロジェクト実施地区も3地区に広がりました。2019年度後半お届けから2020年度にかけて新型コロナの影響で大きく減ったものの、申し込み方法の変更により引き続きたくさんの赤ちゃんを出産したご家庭にお届けできています。

メディア掲載

運営体制

ウェルカムベビープロジェクトは、横浜市戸塚区に拠点を置く「認定NPO法人こまちぷらす」と、高齢者の見守り支援などを展開している「ヤマト運輸株式会社神奈川主管支店」が、横浜市が実施している「ヨコハマ市民まち普請事業」による「企業マッチング」を通して知り合い、協働して企画を練り、行政や地域住民とも協議を重ねながら立ち上げました。

本部/戸塚支部(認定NPO法人こまちぷらす

〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町145-6 奈良ビル2階 NPO法人こまちぷらす内
TEL:045-443-6700 (月-金10:00~17:00※祝日除く)
メール:welcomebaby@comachiplus.org

鶴見支部(NPO法人つるみままっぷ

〒244-0077
神奈川県横浜市鶴見区東寺尾6-12-9 よつばカフェ内
TEL:090-6515-2297 (月-金10:00~17:00)
メール:welcomebaby@tsurumimamap.com

松戸支部(まつどでつながるプロジェクト

〒271-0091
千葉県松戸市本町13-27
TEL:070‐1362‐3777 (平日10:00~15:00)
メール:info@m-tsunagaru.com