ウェルカムベビープロジェクト
ウェルカムベビープロジェクト
img_04

ウェルカムベビープロジェクトって?

ウェルカムベビープロジェクトは赤ちゃんと家族を祝福する気持ちをこめて、地域みんなから小さなボックスをお贈りする日本初の民間型プロジェクトです。

未来の担い手である子どもたちの誕生が、家族・街・企業に歓迎される社会になることを目的として、2016年4月、横浜市戸塚区からはじまります。

子育てをみんなが支え合う地域社会を目指し、地域みんなで子育てする社会、日本をつくっていきましょう。

Sponsored by

img_03

赤ちゃんが産まれたご家族が無償で受け取れるプレゼント

この試みを横浜市戸塚区からスタートします。戸塚区在住の赤ちゃんを産んだばかりのご家族がお申し込みをいただくと、無償でプレゼントを受け取ることができます。

img_04

どんなプレゼントなの?

プレゼントのボックスにはまちのおばあちゃん、おばちゃん、お母さんお父さん、子どもたちまでもが一緒になって作った「背守り」が入っています。(背守りというのは、子どもの無事な成長を願って、人々が産着や祝い着の背に一針一針縫いつけた「お守り」。昭和の初期までは庶民の間で広く知られた習慣でした。)

img_03

まちの人、企業のみなさんからの応援の気持ちを届けます

まちの住む人だけでなく、美容院、カフェ、映画館・・・モノはないけど応援したい気持ちのある企業のみなさんからの思いも入っています。豊かな子育ての環境をみんなでつくっていきたいと考えたものの中から各分野の第一人者の選考委員のみなさまが厳選し、選ばれたものだけがこのボックスに入ります。

運営事務局について

このプロジェクトは、横浜市戸塚区に拠点を置く「NPO法人こまちぷらす」と、高齢者の見守り支援などを展開している「ヤマト運輸株式会社神奈川主管支店」が、横浜市が実施している「ヨコハマ市民まち普請事業」による「企業マッチング」を通して知り合い、協働して企画を練り、行政や地域住民とも協議を重ねながら立ち上げました。

私たちの願い

このプロジェクト背景として、2015年に子育て当事者が横浜で1562件のアンケートをした結果、地域の声として「待機児童や活躍の場づくり以上に今 『地域で子供を生み育てやすい社会のあたかい目』 が欲しい」という一番声が多かったことがあります。少子化対策について様々な施策が実行されていますが、「子どもを生みたい、育てたいと思える」ためにはこの「社会のあたたかい目」が必要です。

このプロジェクトを通して地域の方が縫い交流をしながら子育てについての理解を深め、みんなで子育て中のお母さんお父さんに「よくがんばってるね」と伝えていきたい。また、企業・商店の皆さまも子育て中のご家庭に「祝福と応援の気持ちを日々のものづくりやサービスの中で伝えたい」、そう思っていただけるようなきっかけにしていきたい。

地域に住むおじいちゃんやおばあちゃん、多くの住民の皆さま、町内会、商店会、企業様の皆さまと一緒に地域の顔が見える範囲から少しずつこのプロジェクトをはじめていきます。この想いが全国に少しずつひろがっていきますように。

ご寄付のお願い

本プロジェクトは、関わってくださる皆さまお一人お一人のお力があって成り立っています。このプロジェクトと文化が地域に浸透して、しっかりと根づき、そして他の地域でも広がっていくよう是非みなさまのお力を貸してください。

個人の方:一口3,000円から

企業の皆様:ご協賛というかたちでご案内をしております。企業のみなさまページの「協賛金部門へ応募する」ボタンから応募いただくか、事務局までご連絡ください。

【お振込先】
銀行名 横浜銀行
戸塚支店 普通 口座番号6189080
口座名 トクテイヒエイリカツドウホウジン コマチプラス
※本プロジェクト専用の口座でございます

Sponsored by